Pocket

住む街を変えるのは人生何度目でしょうか?

住んでいた街が嫌で隣町に一人家を出て、新たな挑戦と学びの為に今まで行ったこともない県外に移り住み、新しい家族が増えた事タイミングで沖縄に戻った。

あれから5年、また新しい街に移り住む。

仕事場=住む街

今まではそんな生活をしていた。僕の妻は、「旦那さんの仕事は転勤族なの?」と聞かれて、どう返事して良いかわからなかったので「そう!」と返事をしたそうだ。笑

僕は大学卒業と同時に起業したので、13年事業を営んでいる。

いくつかの会社を経営しているので、そこには従業員達がいる。

それなのに、うちの会社は社長自らドンドン外に出て行く笑

「地に足が着いてない!」「継続は力なり!」

なんて言ってくる”有難い”人もいるが、僕はこの仕事を13年続けてきた。

親父が死ぬ前に言った事を今でも覚えてる「小さな会社でも10年続けたら信用される。」

その言葉通り、10年過ぎたあたりから僕の「想像」や「想い」が信用してもらえる様になった。

ずっと近くで見てくれてたYさんは、「本当に言った通りになってきたね!」と言ってくれたけど、そうなる為だけにやってきたのである。

当時22歳の若者の話なんて誰も聞いてくれなかったけど、そう言う信じてくれる大人が少しいてくれのたは本当に心強かった。

「働き方を変えた涙のランチ」

それは沖縄に帰ってくる1年くらい前の出来事。

今でも思い出すと泣けてくる。その事がキッカケで働き方を変えた。

決断の仕方を変えたと言っても良いかもしれない。

直接僕と会ったことのある人は、いつも明るく面白い太った人と言う印象を持っていると思う。笑

その通り僕もなんかそんなイメージでやってきた。

嫌なこと言われても、誰かがまわりにストレスを巻き散らかしても、明るくみんなと楽しく仕事をしよう!

嫌いな人とも話せばわかりあえる!なんて思いながら仕事をしていた・・・。

しかしそんな考えが知らず知らずのうちに自分自身の精神を壊し始めていた。。。

沖縄に戻る前のプロクラブでは、朝家を出て夜中に家に帰る。

週末はホームゲームで朝から晩まで仕事。

休みに働いてくれている部下の頑張りを見届ける為、たまの休みも職場に顔を出すと言う生活をしていた。

いつしか僕の部下だけで会社の半分以上の人数になっており、その分フォロー(フォローと言ってもかなり優秀な部下達ばかりだったので、若い彼らが圧力に屈しない為のフォローだけ)をするのも結構な仕事になっていた。

僕がそのプロクラブで働き始めた時には、会社は既に大赤字。今にも倒産寸前。

ちょうどJリーグのクラブライセンスを作っていた時で、僕はライセンス担当ということで、リーグの会議などに出ていたが、このままではその作っているライセンスの基準によって、自らのクラブがJ2に参戦する資格を失うかもしれないと言う状況であった。

実際、Jリーグの会議では「このルールは宮城さんのクラブにとって死刑宣告ですね」と名指しで他クラブの前で嫌味を言われた。

あの悔しさとその担当者の顔は今でも鮮明に覚えている。

なんとか単年度黒字を達成し、ライセンス的にも少しばかりの猶予ができたのだが、その年一生忘れることのできない事故が起きた。

クラブの中学生が遠征中に亡くなったのだ。

僕は担当者とその事故が起きた近くの病院に駆けつけたが、時既に遅しであった。

遺体の前で崩れ落ちるご両親。呆然とするコーチ陣。

僕自身「夢なら覚めて欲しい」と言う思いと、「僕だけはしっかりしなければ」と言う思いの間で、病院や警察との手続きを行った。

事務所に戻ると、担当スタッフをスタッフが殴ると言う事が起きたほど、全員気が動転していた。

その後、僕と一部の役員のみで事故の対応を続けることにした。ご両親がクラブを責めたり訴えたり一切されなかった為、クラブは日常を取り戻し、日々が過ぎていった。

僕は、片道5時間の事故現場近くの警察署に通うこととなったが、1年半後「事件性は無かったと判断しました。宮城さん1年半ご苦労様でした。」と担当の丸山刑事からご連絡を頂き、この件は事故と判断された。

それを、ご家族に説明に行った際「宮城さん本当にご苦労様」と言って頂いたこと、「でもこう区切りが着くと、なんだか〇〇の事が忘れられるんじゃないかと思って寂しい」とお父様が涙を流され、一緒に涙を流したことを覚えている。

僕の業務は日常に戻るかもしれないが、一人の命はもう帰ってこない。ご家族の日常は帰ってこない。僕には一生彼やご家族を忘れないこと位しかできないかもしれないが、何か「生きる」と言うことの「覚悟」の様なものを持った出来事だった。

その後も厳しい経営状況が続き、ついに僕が務めて3年目、社長が退任することになった。

社長が就任する以前の大きな負債、むしろ社長就任のおかげで地域の信用を得て、経営も改善の兆しが見えてきた時のまさかの外圧による退任であった。

社内にも不穏な動きをしているものがいた、その外圧と内通している者がいたのだ。

有る事無い事全て社長の責任とし追い込んだのだ。

そんな外圧から社長を守れなかったこと、内通者を切れなかったこと、そんな状況にも関わらず働かない呑気なヤツ、そして何より自分の不甲斐なさに腹が立った。

プツッと糸が切れた瞬間。

そんな気持ちを切り替えようと、珍しく妻をランチに誘った。

妻が前々から行きたがっていたお店だ。

注文を済ませ、なんとなく会話をしていたが、仕事ばかりの僕が珍しくランチに誘ったことや、平然を装っているが心ここに在らずで会話がスムーズに進まない僕に対して、

「何かあったんでしょう?」と妻が聞いた。

僕は何か糸がプツッと切れたように、涙がぽろぽろ溢れ出し止まらなかった。

悔しかったのか

この2年半の疲れからか

自分の不甲斐なさからか

涙が止まらなかった。

そんな僕にあれこれ聞くわけでもなく

「もう(沖縄に)帰ろうか?」

とだけ優しく言って、妻は食事を続けた。

僕は頷きながら、涙を流しランチを頬張った。

お腹がいっぱいになると涙も落ち着いた(笑)

 

そしたら前向きになり、働き方について考えるようになった。

 

3つの好きが揃わないと働かない!

1、好きな人としか働かない。

その後クラブには、リーグが終わったら辞めるとい事を伝えた。

新しい社長さんも、有難いことに仕事を評価して頂き、昇給させてでも残って欲しいと仰って頂けたが、新社長に恨みつらみは無いが、やはりクラブを取り巻く嫌いな方とは関わりたく無いので辞めると言う事をお伝えした。

2、好きな仕事しかしない。

ストレスを抱える、誰かの為って自分を誤魔化す、下積みは大切、みたいな奴を一切捨てることにした。そんなことバカバカしいし、お金にならない。結局自分自身の「やってる感」をもつためだけにそんな事をしてることに気付いた。そんなことしなくても収入は増やせる。

3、好きな時間にしか働かない

僕には大好きな家族が出来たし、楽しい仲間がいる。そんな人達との時間を大切にしたい。朝起きて子供達と歌を歌ったり、2歳のチビが「パーパーと寝んねする~」と泣き出せばすぐに寝たい。きっと「今だけ」ならばこの「今だけ」を存分に味わいたい。

こう言う自分なりのルールを決めたのだ!

誰かに決められた条件で働くのはもうウンザリなんです。

だからブログを書き始めた!!

そう決意した時に「じゃあ何から始めたらいいか?」について考えた。

まずは、「自分」と言うものを知ってもらうために意思表示をしようと考えたのだ。

それが、ブログで思った事を書く事であり、SNSで人間性や自分の動きを伝えることになったのだ。

でも、ただPRしても仕事には繋がらない。

もちろん、今までの実績で仕事のオファーは来るので、とりあえず生活はできる。

でももっともっと欲を出して生きて行くことにした。

サッカーやスポーツでの自己表現や自己実現は出来たしこれからもっとやって行く。

ConiFAのワールドカップを日本で開催するし、スタジアムも作る。

でももっともっと家族で世界中旅したり遊んだりしたい!!!

その為にはもっと効果的に短時間で高収入な働き方をしなくてはいけないと思うんです。

僕の場合、実働と投資があるので、この二つのクオリティを上げたい。

コンサルタントに相談し、コンサルタントになることにした。

そんな僕の欲求を誰が叶えてくれるのか?幅広く様々な業界に精通している人に聞けばいい。

収益アップさせる事を仕事にしている人に聞けばいい。

アイディアは負けない自信があるので、より伝わりやすくする方法をコンサルタントに相談した。

「タスクさん自身がコンサルタントになったらどうですか?」

「えっ!!」

「今までの経験を、スポーツ業界で働きたい方やスポーツクラブ経営者、スポーツで街づくりをしたい、スポーツ事業部を立ち上げたい企業に伝える事をしたらどうですか?」

と言われたのです。

そこから、集客・商品づくり・経営などのコンサルについて学びました。

●プロクラブ三年目、クラブ史上初の1万人突破を成し遂げても、それをどう伝えていいのかわからない。
●アパレルや健康食品、スポーツ関連商品づくりを予算を引っ張ってきてやったことはあるが、アイディア出し予算の引っ張り方をどう伝えたらいいかわからない。
●複数会社経営をしていても、誰かにそれをどう伝えていいかわからない。

僕は22歳で起業し、実務経験はあっても、いつも自分がプレイヤーだから、誰かに伝え・導くようにしたことがなかったのである。

そのかたのコンサル講座を受講し、その後私も晴れてスポーツコンサルタントとして活動しております。

まずは、自身の経営する会社や身の回りのサポートから始めました。

今までの「オレ流」経営から脱出し、客観的に物事を見た結果、まぁ無駄の多い会社。。。

お陰様で自社の業績も、翌年の年商が倍になり、次の年4倍になりました。

ここまでは本当に簡単な事でした。

リストラ(人を解雇することだけじゃ無いですよ)を行い、金額設定を適正価格にハッキリとさせたことだけです。

ここから僕自身の勝負だと思っています。

これからは、自分自身新たなビジネスモデルを構築しながら、”スポーツコンサルタント”としてこういう皆さんにお役に立ちたいと考えています。

✔︎スポーツ事業の立ち上げや町おこしの担当になったが、具体的にどうしたら良いのかわからない。人脈もない。

✔︎クラブ経営は落ち着いたが、事業拡大を図りたい。

✔︎スポーツクラブの活動エリアを県外や海外にまで広げたい。

✔︎国際大会の誘致やイベントをどの様に行えば良いかわからない。

✔︎思い切ってスポーツ起業したが孤立している。

そんな経営者、行政職員、事業担当者の力になりたいと思っています。

そうすることによって僕にもこんなメリットがある!

■スポーツ業界の現状を調査。スポーツと付いても通常のビジネスとなんら変わらないのに、何が頭を悩ませているのか?

■スポーツ=稼がなくて良い、水とスポーツはタダ!という日本の間違った風潮を改善したい。

■あなたとの人脈を形成したい。僕は全国・世界中で仕事をしているので、色んな地域に相談できる方、その土地の現状を聞ける方が欲しいのです。

 あなたに関わらず、あなたの地域の別のクライアントができた場合に、客観的な町の人の声が役に立つからです。

どうですか?僕がどんな事をしてきて、これからさらにどんな事をするのかほんの少しでもわかって頂けましたか?

プロクラブでの安定した高収入を捨て、役員になる事を捨て、自己表現をしながら自分がやりたい事で稼いで行く!

そのために僕はこのブログを書いているのです。

そしてこのブログを読んだ方のお役に立てたらそれは本当に幸せな事です。

長い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

スポーツコンサルタント 宮城’亮’

 

もっとスポーツビジネスについて学びませんか?

私は、スポーツコンサルタントという仕事をしています。まずこのブログを読んでみてください!

無料メルマガに登録した方には、スポーツイベントスタッフ(有償・無償)情報や、自分自身が開催できるようになるコツや人脈作りなどをお教えします!

 

詳しくはこちら ビジター会員(もちろん無料)にお申し込みください!

Pocket