Pocket

スクリーンショット 2017-01-12 23.35.48
皆さんは、もうこの本を読んで頂けただろうか?

この本の中に登場するということで、私のことを知ったとご連絡を頂くこともあるくらい、かなりサッカーファンの間では出回っている作品だと思う。

サンフレッチェ広島のGMや日本代表が初めてワールドカップに出場した時の強化を行ったとことでも有名な今西さんについて書かれた作品だ。

FC岐阜の社長時代に私もお世話になり、そのFC岐阜の地域貢献推進部部長時代の話や、クラブライセンス担当をしていた時の話を、あの「オシムの言葉」を書いた著者木村元彦さんに取材して頂き、その内容が本で描かれているということだ。

下記レビュー

森保一、風間八宏、高木琢也、小林伸二、上野展裕……。
サンフレッチェ広島でJリーグ初のGMを務めた今西和男の薫陶を受けた選手から、数多くの「名将」が輩出するのはなぜか。

そして、請われてGM、社長まで務めたFC岐阜から、志半ばで去ることになった裏には、何があったのか。

手がけた選手のすべてに心を砕き、クラブを通じて地域貢献に尽くす……。
Jリーグが創設され、発展していく過程で、驚くべき手腕を発揮して、サッカー界の人材を育てた男。少ない予算の地方クラブながら、
Jリーグ有数の強豪となったサンフレッチェ広島の土台を築いた男。その軌跡と数多くの教えを『オシムの言葉』の著者、木村元彦が描く。

人材育成とは何か。プロフェッショナルとは何か。
この男の巨大な足跡を知らずして、日本サッカーを語ることはできない。

 

以上

 

前半は、今西さんの半生を描きながら、その時々に関わった現在日本トップクラスの指導者達との関係を明らかにし、どれだけ今西さんが日本サッカーに貢献してきたかをまとめている。

後半は、FC岐阜での社長時代、Jリーグと岐阜県そしてクラブの間で起きた不可解な退陣劇の謎に迫っている。

私は、その後半部分で少しだけ登場します!是非探してみてください(笑)

 

これは、サッカーファンやスポーツファンには是非読んで欲しいし、もちろんスポーツで起業している皆さんにも是非読んで欲しい。実際のプロクラブやプロリーグで何が起きていたのか?その裏側を知って欲しいと思います。

必ずあなたのビジネスのヒントになると思いますので、是非お買い求めください!

https://www.amazon.co.jp/徳は孤ならず-日本サッカーの育将-今西和男-木村-元彦/dp/4087807932

そんな今西さんを昨年1月に沖縄にお呼びして講演会をしてもらいました!

また沖縄にお呼びしたいと思います。

過去のイベント実績

Pocket