Pocket

この言葉は、今回スポーツクラブ会議オキナワで講師を務めて頂く中村武彦氏から言われた言葉だ。

元FCバルセロナのイニエスタが、日本のチームに移籍して盛り上がっているが、スポーツビジネス界のイニエスタこと中村氏の言葉はかなり重い。

彼はアメリカでスポーツビジネスを学び、それこそFCバルセロナにヘッドハンティングされ、その後彼がマッチメイクした試合は常に数万人の来場者を集め、今やメジャーリーグサッカーのリーグ運営も行い、そして多くのJリーグクラブの国際化や海外進出を手助けしている。

そんな中村氏が、シミジミその言葉を言ったのにはこんな経験があったのだと思う。

サッカー不毛の地と言われているハワイで、この2月国際的なサッカートーナメントを企画運営した。

準備期間は長く、ようやくたどり着いた開催であった。

しかし、この大会の支援者、オーナーを募集するも、なかなか未だ誰もやったことのない大冒険に、活動は応援するものの、自分がオーナーになってやろう!という人は見つからなかった。

そこで中村氏は決心する。

俺がオーナーになろう!・・・と。

もしかしたら失敗するかもしれない。。。

盛り上がらないかもしれない。。。

そんなリスクを自らが取ったのである。

決心してからは早い。

すぐにベストな大会運営に向けて準備を進めた。

その結果、その中村氏の覚悟と自らも投資をしたくなるビジョンに賭けようと、支援者が集まってきた。

もちろん大会も大成功!

ハワイの来場者記録を作るほどの盛り上がりを見せた。

そんな経験から中村氏は、リスクを取る重要性を感じている。

まずば自分が行動する。

そうすることで、人がついてきたり仲間が支援してくれたりする。

つまりリスクを取らない人は信用されない。

信用されないところにはお金は集まらない。

お金が集まらないことより、信用がない方がつらい。。。

あなたは何をしたいのか?そのためにどんなリスクを取るのか?

もう一度考えて見てくださいね!(^^)

Pocket